☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----



沼津で太刀魚ジギングするならプロショップカサハラですぞ!

太刀魚ド変態SHOP店長が語る太刀魚ジギング入門講座


最新更新日:2016/01/11

☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----




<超初級基本編>
太刀魚は日本全国(いや世界中!)の温帯に分布しており、地域と季節によって釣れる太刀魚のサイズや釣り方や魚に対する価値観も様々です。
静岡県に面する駿河湾(沼津地区・富士地区)では夏の日中、晩秋から真冬の夜釣りと季節により釣れる時間帯が異っています。
また、同じ駿河湾でも焼津地区では夜中から明け方にかけ浅場から深場へと移動するタチウオを追いかけたりと
地域により違いがあります。遊漁規定や釣り易さなど様々な理由で日中の釣りをする事の方が多く、日没後でのジギングをする
駿河湾は特殊かもしれません。


沼津地区のタチウオですが夏は日中に!秋は夜!に接岸しますが、奴らは神出鬼没で
突然群れで姿を現したり、突然居なくなったりするため日による釣果の差がかなりあります。
まぁ 居ても釣れないって事もありますのでタチウオのご機嫌次第的なところがあります
ではでは、駿河湾でも沼津地区・富士沖で水深が0M〜60M程での解説をします。

(同じ駿河湾内でも焼津沖や大井川沖は狙う棚が深く、由比沖や清水港内は浅く同じ釣り方が出来ます)


【入門! まず道具は?】

○ロッドは6フィート前後の柔らかなベイトリールを装着出来るものを用意

□ジグのウェイトは80g前後を使用するため張りのあるバスロッドなら流用もできますが、どうせなら
リールシートとグリップエンドの長さに注意をしながら、まずは1万前後の太刀魚用ロッドを揃えでみましょう!。
バスロッドはグリップエンドが短いため、腋にロッドのグリップ部分が挟めないので手首に負荷が掛かりすぎて
釣りを終了する頃には手首が痛くなり、明日の仕事に響きますよ。

○リールは?

□ベイトリールはハンドル1回転の糸巻きが50センチ以上のもので、PEライン1号が200Mは巻けるものを用意
バス用のベイトリールなどのソルト対応機種でなくとも使用は可能です、信頼のあるSHOPに聞いてみよう〜!!
入門の方には、1万円を下回る価格の商品もありますが、メタルジグを沈める時のアタリの取りにくさがあるので、
そこそこの性能=価格の商品を選びましょう!。最近ではカウンター付でも低価格の商品もあります

○メインラインは?
PEライン0.8号〜1.5号を使いますが、沼津では1号です
PEラインは8本拠りや4本拠りなどなりますが、オススメは価格が安価な4本です
そして、メーター単位に白いマーキングがあるものは使いません。なぜって?
太刀魚や河豚が白い部分をかじるためラインが切れます!
また、白でなくてもマーキングとして短い色違いがラインに入っていると切られる可能性が増えます


○リーダーはナイロンラインまたはフロロカーボンラインの50LB〜80LB
結束にはFGノット/PRノット/ミッドノットなどが、ガイドへ引っかからずお勧めです、
しか〜し!初心者には巻きつけて絞めこむこれらノットは超難しすぎるので、
事前に練習をしてから挑みましょう。それでも出来なきゃ ユニノット(電車結び)だね! 
(餌釣りのなごりなのか、ワイヤーリーダーを使う方がいますが、釣果は確実に落ちますぜ)
追記:食いが異常にたっている時は、リーダーが切られやすくなりますので太さを30%ほど
太くすることをお勧めします。通常の喰いの時なら釣果には影響がないはず


○ジグの選び方
安いものをとりあえず5個!なんて選び方だと、船内で大差をつけられ惨敗間違いなし。
確実に釣れるメタルジグを選択肢し、そのジグのカラーをバリエーション揃えて挑みましょう!
鋭い歯でラインを切られたりなんてトラブルもあるので、同色の予備ジグを持つことも太刀魚釣りの基本なんです。
当店には釣り場で培ったノウハウを元に特注カラーを製作したものがあります!。お暇なら一度覗いてみてください
太刀魚ド変態スタッフ(特に店長)が熱く語るかも・・・


○フックやスイベルなどの小物
フックやスイベルなどのセッティング方法は沢山あり、地域によって主流が違ったりもします。
メタルジグをどのように動かすか、いつ何処で釣りをするのかを伝えSHOPで聞きましょう!
基本はフロントフック(ジグの上)とリアフック(ジグの下)両方付けます
フックは太刀魚専用モデルでシャープで刺さりやすく、外しやすいバーブレスがお勧め


○その他
・なぜベイトタックルなのか:太刀魚って奴はジグが落ちていくときにも喰ってきます。
スピニングシステムの場合、アタリがあってもアワセが難いのだ


・船酔い:船酔いの心配がある方は事前に酔い止めの薬を飲みましょう!
<お勧めしてはいけないのでしょうが、僕が酔いを確実に止めたい時は、センパア錠剤を使用法の2倍!飲みます>


・太刀魚の歯:触れるだけで簡単に手が切れます、歯をよく見ると返しが付いていてヤバイ感満載です
そして、切れると血がしばらく止まりませんので注意



・食べ方:刺身や塩焼きなどが一般的ですが、天ぷらで食べてみてください、激ウマです


・太刀魚を捌く:プロの調理人御用達の包丁を用意しました
詳細はこちら





☆超初級の入門編ですので、ためにならなかったらごめんなさい。
これから太刀魚ジギングに挑戦をと考えている方は是非是非当店にご相談を。
数々のアイテムの中からご予算に合わせ最適なタックルをセレクトさせていただきます。



<中級級編>

○ロッドは2本用意しましょう
太刀魚の喰いがたっているときは比較的簡単に、しかも連続でボコボコに釣れるのです!。
しかし、入れ食いモードの時なればなるほどラインを切られる事が増えます、リーダーのセッティングする時間が無駄になり
釣果を落としてしまうので、予備ロッドを持参し直ぐに釣りが出来るようにしておくのがベストです。
切られたら予備ロッド!が竿頭への近道です。ロッドはベイトタイプで調子の硬さ違いを用意すると良いでしょう。
また、食いが渋い時には違うルアーで使い分けをしていくにも便利です


(ロッド硬さは?)
選び方は単純に柔らかいのと硬いもの2種を用意しておくと良いです
僕は釣れ方(シャクリ方)のパターンに合わせロッドを使い分けしています

○自分のリールを知る
自分のリールが、ハンドル1回転で何センチ巻けるのかを把握するこで、釣りを有利に運べます。
リールに巻いてあるラインを引き出し、実際にハンドルを回しながら10mを何回で巻き取れるのか数えてみよう
リールサイズとギア比、糸巻き量によってかなり違いますぜ。

○フックの話し
日本の針は薬品により、化学研磨で先を尖らせています。そして素材(鋼材)の表面を処理することで硬さを保っていますが
沢山の魚を掛けたり、底への着底、BOX内でガチャガチャしたり、前回の使いまわしなどで
針先が曲がったり、刺さりにくくなっている事があります。当然研いだら先端は鋭く回復するのですが
針の内部は柔らかいため、持続力はありません。釣りの前には、HOOKの刺さり具合もチェックですよ!。
シビアな釣りの時には、針先の状態で釣果に差がでます、アタリがあるのにフッキングしないときには針を新品に交換してみてね
★僕は、針先が爪に刺し止る事でチェックします★

○ラインの話し
当然PEラインを使用するのですが、細ければ細いほどジグの沈みが早くなるし、潮流の影響を受けにくく
釣果へと結びつくでしょうが、問題なのは耐久性です。僕は1号を使っています。
ラインマーカーは必要で10Mごとに色が変わる物を使いますが、10Mごとにホワイトマーカーが入るラインだと
白い部分を魚がかじることがあり、ライン切れの原因になるのでホワイトマーカー付きのラインは避けましょう!

また、中深海での太刀魚ジギングを行なう場合(100m超え)ラインの伸びを気にするべし!
PEラインの伸びは数%と言われていますが、編みこみの方法で伸び率が変わり深海ではアタリがボケます。
8本拠りPE<4本拠り<低伸度PE<単線PE。




☆中級編ですが、ためにならなかったらごめんなさい。
太刀魚ジギングをしているけど、人より釣りたい方は是非是非当店にご相談を。
ジグのアドバイスから、お客様のタックルチェックなどさせていただきます。




<上級編?>

○ロッドはベイトロッド3本にスピニングロッド1本は最低用意するべし

硬さ違いのロッドで同じジグを同じ様にシャクった場合、当然ジグの動きが違います。
ロッドの反発力も違うためロッドの動きを止めてからの戻りスピードも違うため
その日その時の状況を掴みながら使い分けるのが太刀魚マスターへの近道です。
ジグを動かすのか・・ ジグを止めるのか・・ ゆっくり変化なく持ち上げるのか・・

スピニングロッドは不規則なアクションの演出やハイスピードのシャクリに対応出来たり
キャストして
船から少し離れた場所や水面近くなどを攻める事もできますので1本は欲しいもの。
フォールでのバイトを繊細に取るには難しいですが、必ず1本は必要になるでしょう。
沼津は掛け上がりに沿って一定間隔でアンカーリングをし、船は岸と平行に一列に並びます
船の明かりと隣の船の明かりの間がハニースポットをなることがあり、この状況では投げなければ
全く釣れないことがあります。

○ロングフォール用のロングロッドはどうなの?
ジギングロッドメーカーから一斉に発売されたロングフォールロッド、しかし一時の勢いは何処へ・・ 感がありますが、
最近僕はロングフォールロッドを使っています。ロッドで送り込みながらのアタリをとったり効果的な部分もありますが
体力が通常より必要なので女性にはちょっと辛いかもしれません。


○リールは?
ギア比の違うリールを用意し、ロッドの硬さに合わせセッティングを!
ハイスピードギアの場合早く動きすぎることもあります。
もちろんパワーハンドルを取り付けることで快適なリーリングができますので
スタジオオーシャンマークなどから販売されているパワーハンドルを付けましょう。
ハンドル半回転の1/2ピッチのシャクリなんて方法の場合はパワーハンドルが使いやすいですよ

フォール時にリールのレベルワインドが動くモデルと動かないモデルは・・
ズバリ!ラインが擦れるノイズが無いので動いたほうがメリットあります。


○アシストフックの話し
フックに関しては色々お試ししていますが、ジグのサイズや釣り方で変わるため1つで完璧なコレってのが無いんです
オーナー・がまかつ・デコイ・バンフック・ゴーへなどなど試していますが、針は奥がふけ〜や!
トリプルフックタイプのアシストや地獄針タイプのものなど様々ありますがまだまだ進化するでしょう!


○リーダーの話
リーダーの太さに関しての質問が多いので少々
細めの(20LB〜30LB)を使用した場合、ナイロンでもフロロカーボンでもライン切れが増えます
ラインシステムを新たに作るにはそれなりの時間を要するので、トータルで考えると切れ難い太さのリーダーを使います
僕はユニチカ製ナイロンショックリーダー50LB〜60LBを使っています、フロロカーボンラインと比べ削ぎ切れる事がありません。
PE1号ショックリーダーにFGノット又はPRノットで結びます。リーダーの長さは2ヒロ、傷がついたら傷の上で切り、直ぐに結び替えします



☆上級編ですが、ためにならなかったらごめんなさい。



<乗合船ではメンタルを鍛えろ!>
乗合船に乗る、当然隣には釣り人が居て一緒に釣りをすることになる!
そして、釣り人は
人より沢山釣りたいと誰もが思うため必然と周りの釣り人と無言のうちに釣果を競っていたりすのです、身に覚えがあるでしょ??
周りが5匹なら自分は10匹釣りたいし、40匹なら50匹と、周りより少しでも多く釣れれば満足だったり・・・。
そんな船上で行なわれている無言の戦いの最中に、周りの人が続けて釣ると、どんなジグで釣れたのか情報を得るため必ず観ますよね。
何匹も続けて釣られれば焦ります!そして周りの情報が読み取りが出来なくなり焦り
本来自分が行なうだろう釣りからかけ離れ、とんでもないシャクリをしていることがあります。
冷静になり、もう一度最初から情報を整理してから釣りをするとあ〜ら不思議!?
普通に釣れ始めます!! 太刀魚ジギングで大事なのはメタル!!
当然ながらジグやタックルも大事だけど隣の釣り人に負けないメンタルも大事な要素なんです。


<ド変態マニア編?>


真冬の釣行で一晩に数回のアタリをモノにしようと寡黙に釣りをしたいM男に捧げる太刀魚テクニック

極寒の深夜に鼻水垂らしながらアタリの無い中でいかにバイトを誘発させるか!

魚探には何かが写る、しかしタチウオなのかは不明

ジグを狙い棚に置く

その後、待つ

たまに、リールを巻かずにチョンと動かす

太刀魚は見てます・・見てます・・

そしてタチウオが我慢できず噛み付くまで

我慢比べです

あなたは何分待てますか・・・



<枝豆ジグ考察>

2015年に太刀魚用に発売された枝豆ジグはスウェイバックフォールでのバイト誘発ジグとして発売された。
店長も昨シーズンより使用していたが、このジグが持つポテンシャルが少しずつ判ってきたので解説しよう
このジグはフォール時に振れながら落ちていく時に下方向からバイトしてくるので、横向きが好きな太刀魚に
強烈にアピールしながら誘う。また横向きであるために狙う的となる中心部分が認識しやすい。

しかし、バイトを誘発しやすいフォールを演出するためには柔らかいロッドでないとアクションしないのだ


下げだけではない枝豆ジグ
上げでも有効な枝豆ジグは、上げのスピードと移動距離を調整することで激渋な状況でも優位になる

まだまだ解説してない部分もありますが使ってみて






タチウオを知る上で学術的な見地からみてみよう!

店長熱意只今書き込み中〜


標準和名:タチウオ (スズキ目タチウオ科タチウオ属)

英名:RibbonfishまたはSilverfish

学名:Trichiurus japonicus Temminck et Schlegel
 

 

1、タチウオの種類と見分け方 

本州近海に分布するタチウオは、現在2種類に分けられておりタチウオ(Trichiurus japonicus)と
テンジクタチウオ(T.sp.2,)に分けられている。沖縄・東シナ海から和歌山県に分布する
テンジクタチウオが一般的タチウオ(Trichiurus japonicus)から区別されたのは1913年、
しかしその後も様々な研究が行われタチウオの分類は混乱した状態が続いていたが、
偉い先生が背びれと口床(口腔底側)の色彩の違いでタチウオとテンジクタチウオとの区別する
という方法が発表された。

その後、ミトコンドリアDNAの塩基配列の違いで両種が異なる事も明らかとなり、確実に判別は
できるが、コスト面や容易さからはかけ離れており、さらに容易に判別できる方法を追求する
偉い先生により全長/肛門前長比という判別方法1)というのがが2008年に発表された。

しかしながら、沖縄のメガタチウオは何だろう?です
僕も現地で見ましたが、全長の大きさや背ヒレの長さなど
少し違うような気がするのだが・・。


<参考文献>
『四国産タチウオとテンジクタチウオの形態形質比較による簡易判別法』
蜷晋一、渡辺精一 200810

 <全長/肛門前長比の計算方法>
z=0.133PL+59.6TL/PL?207
TLTotal lenght)全長
PLPreanal lenght)肛門前長
z<0 テンジクタチウオ
0>z タチウオ

2、タチウオの生態

■タチウオについては古くから研究されていますが、時代によりその生態が変化しているようです
興味深い内容があったので一部をピックアップしてみます


黄海では1950年代には1歳魚2歳魚では産卵をせず、3歳から一部が産卵に参加していた
ようですが、60年代になり捕獲により4歳以上の高齢親魚が少なくなると2歳魚と3歳魚も産卵に
参加するようになったようです。しかし、若齢親魚から生まれた卵は卵質が悪いともあります
産卵は高齢親魚から順に行い高齢親魚は産卵を数回するとも記載されています

<参考文献>
『黄海産タチウオの再生産関係について』
大滝英夫 1997年12月



■耳石を用いた年齢とタチウオの成長を記した近年の記録

<参考文献>
『資源低水準時におけるタチウオの成長』

徐々に記しています 続く!

☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆


<2016太刀技最強チャンピオンシップ開催します>

毎年1月3日に行っている太刀魚ジギング大会(太刀技最強決定戦)で各船の竿頭になった方を
今度は同じ船にご招待で乗船してもらい競っていただくという、チャンピオンシップを開催しました。
チャンピオンシップへの参加は無料なのでタダでもう一度釣りが出来ちゃうわけです。

そしてチャンピオンになると特製チャンピオンベルトを腰に巻く権利と来年の
チャンピオンシップのシード権が与えられます。もちろん副賞もあります







<2013年10月14日>

こちらも関西編
ウエストジャパンサーベルトーナメントに参加してきました by店長


大阪湾(神戸沖)は水深90m位
関西の太刀魚ジギングは、スロー系のメタルジグを使う方が多い?
今回のパターンは底付近での太刀魚共食いパターンだったので
シルバー系のメタルジグを底からゆっくりシャクリ上げ、フォールさせることで
絡んでくる太刀魚狙いの釣りが正解だったのかもでした。
郷に入っては郷と僕もスロー系のジギングで太刀魚を狙ってみたり。
とても楽しい一日でした♪

  タックルデータ
ロッド:ロングフォールジャーカー#2
リール:オシアジガー1000
ライン:ユニチカ ライトジギング1号
ジグ:Baet ジグレイ

☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆

昨年に続き2013年9月5日
釣りビジョン、俺に訊け!収録しました。
慣れない店長はコメントかみまくり!!!(汗)



☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆

<沖縄MEGA太刀魚釣行編>

最近雑誌や釣りビジョンなどでも目にする沖縄のMEGA太刀魚ジギング
変態店長は早速行ってきました!

そして・・・徐々に書きます


下記画像はは持ち帰った太刀魚を料理屋さんで調理して戴いたもの、食べた感想は・・・いまいち(涙)







沖縄タチウオ: 善海丸にて

☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆

<関西釣行編>
大阪湾でも太刀魚が釣れているとの情報を耳にするので
2012年関西にてジギングしてきました。

須磨公園:純栄丸
使用ジグ:オーシャンスタイル110g ウオーターメロンカラー

徐々に書きます



続く・・・(徐々にね)






☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆☆☆-----☆


店長の独断と偏見の太刀魚ジギングのジグセレクト
太刀魚に人気のメタルジグの紹介
(駿河湾の沼津沖の水深50mを基準としています)



◇枝豆ジグ◇


がまかつ社のプロスタッフ 加藤氏が考案した枝豆ジグ
使い方に少しの知識がいるが、渋い時に有効だ

枝豆ジグコーナー


◇オーシャンスタイル タイプLD◇



オーシャンスタイルのメタルジグを僕は昔から愛用しています。
数多くの釣行をしていると このジグでなければ釣れない時があるのです。
シャクリ抵抗もないし、素直にフォールもこなすし定番のメタルジグ、数年前からの
オーシャンスタイルはアジア生産ではなく日本製に変更され塗装ががっちり!
太刀魚の歯でホログラムがペローンなんて剥がれません。
太刀魚用のカラーの多さは日本一では・・
毎年発売される新色が楽しみです
お買い物はこちら→ 80g 110g
メーカーHP参照

◇YOZURI ブランカ◇


太刀魚ジギングのド定番!
価格も安くて良く釣れる〜 でも、塗装が弱いんだよねぇー
画像をチャート色を記載したのは意外と釣れ色なのです!デス!
このジグはシルエットが比較的小さめなので、大きめのベイトを追うときには不向きです
お買い物はこちら→ 60g 80g 100g 125g 150g 200g
メーカーHP参照

◇DUEL アイルフラッシュCS◇


太刀魚&青物に
アイルメタルCSの流れを受け継いだアイルフラッシュCS
太刀魚ばかりかイナダやワラサ狙いにも使え、モデルチェンジでコストダウンもされ
とても使いやすいジグです。同じシリーズにTBってのがあるけど・・あれは釣れないよ!

お買い物はこちら→70g 90g 110g
メーカーHP参照


スミス メタルフォーカス85g

沼津エリアで太刀魚釣りをする方でこいつを知らなきゃモグリですぜ!
フォールで抜群の釣果をだすメタルフォーカス85gは太刀魚ジギングマニアの
店長が目をつけスペシャルカラーを作りまくっています。








まだまだ釣れるジグはあります!

プロショップカサハラに釣れるジグが大量に在庫あります

ネットショップ、実店舗共にご来店お待ちしております